アルギニンで生活習慣病の予防

体を鍛える目的

 

アルギニンの詳細

 

あなたが体を鍛える目的はなんでしょうか。

 

健康のため、精神修行、ダイエット、異性にモテるため。
目的は人それぞれだとは思いますが、どれか一つという訳ではなく、どれも少なからずモチベーションになっているのだろうなと思います。

 

ランニングやウォーキングをして汗をかけば気持ちがいいだけでなくご飯も美味しく食べられる。適度な運動は夜ぐっすり眠るのにも一役買っている。

 

毎日自分で決めたトレーニングをこなすことで達成感を得られる。結果は体に表れることも嬉しい。実は自分の体を見るのが好きだという方もいるでしょう。

 

体重を落とすのと同時に、引き締まった体を手に入れたいと思っている。最近落ちにくくなった脂肪を落とすのが一番の目標だ。

 

突き詰めると、体を鍛える理由は異性に対して積極的になりたいとか、モテたいというのが正直なところかもしれません。子供に馬鹿にされたくないとか、奥さんの自慢の夫になりたいとか、若い子に憧れられたいとか、そういう気持ちもあると思います。

 

スタート地点はどこか分かりません。体を鍛えよう、外見を磨こうと考える動機はたくさんあるでしょう。体を鍛えようとすれば皆ストイックな生活を送ることになるは必然であっても、その過程でどんな楽しみがあり、どんな欲望が生まれるのかというところもまた千差万別。

 

外見を磨くと確かに自身が湧くでしょう。自分の嫌いなところを克服しようとする過程で、自分に厳しく生活する過程で、自分がすごく優秀な人間になれたような気になる。一皮剥けたような感覚を知るのです。

 

だからあなたは今の自分に満足なのかもしれません。しかし、同じ程度の高い意識を体の内側に向けているかと聞かれれば、自身を持ってイエスと言える方は少ないのではないでしょうか。

 

ここで言う内側とは、性格や心の美しさではなく、内蔵や血管のことです。

 

内臓はともかく、血管にまで目を向けて、ケアしようという方はあまり多くないと思います。

 

こう言われても、「内臓はともかく、血管のケアなんかできるの?」と思われるかもしれません。

 

結論から言って、今の生活にアルギニンを取り入れれば血管のケアが出来ます。それだけでなく、外見を磨く効率もアップ。まさに一石二鳥のアミノ酸のお話です。

 

アルギニンの詳細

 

次のページへ

アルギニン


このページの先頭へ戻る